標準シート一体型アームレスト取付手順説明書
A4で印刷できるようにしていますので印刷して使ってください

1 キットの内容確認
キットは以下の内容で構成されています ご確認下さい
1、アームレスト本体
2、取付ステー
3、8ミリボルト30mmと40mm(ステー取付用)
  ワッシャー、スプリングワッシャー、ナットのセット
4、アームレスト外カバー
5、アームレスト取付ボルト
6、プラスチックワッシャー
7、金属スペーサー
8、プレスチックブッシュ
9、鉄ワッシャー
10、結束バンド(タイラップ)
11、部品調達リストなどの書類
細かい部品の拡大です

★上段左から
 プラスチックスペーサー
 アームレスト取付ボルト
 アームレスト外カバー
 40mm8ミリボルトナットセット
 取付ステー
★下段左から
 鉄ワッシャー
 プラスチックブッシュ
 金属スペーサー
 30mm8ミリボルトセット

となっています

ただし シートバックサスペンション付きシートは内容が違います
(下段参照下さい)

※欠品がある場合は、お知らせ下さい

※キットと一緒にお送りしている書類の中に
 トヨタで調達可能な部品リストが入っています
 紛失、破損などした場合は、トヨタで調達可能な
 部品は、お近くのトヨタディーラーにてご注文下さい
 その他の部品調達のご案内も一緒に入っています

★重要事項★

シートバックサスペンション付きのシートの方は キット内容が上記の内容と以下の点で異なります

・40mm8ミリボルトはありません



・代わりに上記写真にありますように、20mm8ミリ低頭ボルト と 6角レンチが入っています

・8mmの普通のワッシャーが 全部で6枚 (各ボルトに3枚づつ)入っています 

★ワンポイント★

キットでお送りするステーは 鉄のままの物をお送りしています
基本的にシート生地に隠れてしまう部品ですが、長年使っていると
空気中の水分と反応して若干サビが出てきます。

サビを出したくないと言う方は、何でもよいのですが、ラッカースプレー
などでステーをザッと塗ってから使うとサビ止めになります

なお、色塗りをする場合はシンナーなどできちんと脱脂してから塗ってください

2 運転席シートの表皮とスポンジを外して骨組を露出させます
骨組みを露出するまでの手順は、取り付け可能かどうか
お調べいただいた時の手順と全く同じです。

また お調べした時程度剥がせば充分作業は可能
ですのでこの項目の手順は

 こちら 

のページの中段あたりをご覧いただき作業をしてください

必要な工具なども上記リンク先のページに書かれています

全体の取付位置などを書いたファイルを用意しています

 こちら

から ご覧になって全体のイメージをつかんでください
(pdfファイルになっていますので見れない場合は アクロ
 バットリーダーのようなフリーソフトが必要です)
3 マスキングテープを穴開けヶ所周辺に貼る
写真のように 下はランバーサポートの取付ネジの上から
銀色の骨の間と銀色の骨を止めている上のナットの下側
付近にマスキングテープを貼ります

ランバーサポートのない車の場合、銀色の骨の下から
3センチ程度マスキングテープを貼ってください

【コツ】
上の段のマスキングテープを貼る位置は軽くステーを
あてがってネジ穴の位置に印を付けて貼ると楽です
4 ステーをあてがい 穴開け位置を決める 【重要】
まずステーを銀色の骨の下っ端にピッタリ当てます。

また、ステーの左端は 黒い骨(下からの骨)の左端と

一直線上になるように

ピタッと合わせてください(厳密なほどの精度は不要)
最重要ポイント

ステーの左端を黒い骨と一直線上に合わせたら
上からの銀色の骨の下っ端にピタッと付けていた
ステーを約2mm下に真っ直ぐ下げます。

写真のように少し隙間を作ると言うことです

この位置が下の穴を開ける穴開け位置です
サインペンなどで、下の穴の中をグルグル円を書いて
穴開けの時の目印にします

【ワンポイント】
なぜ2mmほど下げるかというと、ステーは若干ですが
下の穴(今印を付けた穴)を中心に横から見て左右に
角度が変更できるので、下っ端にピッタリ付けると
角度調整が出来なくなるから下げます

【重要】
写真でも分かりますが、逆に下にさげすぎると、ランバー
サポートの器具に穴の位置が重なり穴開け不可になり
ボルトも通りませんので、注意してください。
※ランバーサポート無しの場合関係ないですが
下げすぎるとアームレスト自体が低くなってしまいます
このような感じで穴開けの印を付けておきます
上の穴も印しておいてもかまいませんが
慎重に行う場合は、下のネジ穴を開けて
ボルト止めを軽くしてから印する方がよい
かもしれません
5 ドリルで穴開けをする
穴開けの前に 金属粉がたくさんでますので
養生をしておくと良いでしょう

スポンジが邪魔になるので、つっかい棒をしておくと
作業がはかどります

私は間に合わせにコーキング材を使ってます(笑)

【ワンポイント】
この状態でも、金属粉が養生外へ若干は飛びますし
養生が悪ければ かなりひどいことになるので、シートを
外して作業する
のも1つの方法です。

シートは4ヶ所のボルトで止まっているだけです。
金属粉をばらまいた場合、掃除する時間よりも、外す時間の
方が短いと思いますので、金属粉を散らかしてしまいそうな
場合はシートをはずして作業してみてください
養生が出来たら 穴開けの開始です
印で書いた円のおよそ中心に
(ものさし等で簡単に測って中心を出す程度で良いです)
ドリルで最初は3mmや4mm程度の穴を開けます

【ワンポイント】
中心はなぜ簡単に出す程度でよいかというと
ステーに空いてある穴は10mmです。
通すボルト(開ける穴)は8mmです。

2mm余裕があるので厳密に中心でなくても
大丈夫と言うことです。

逆に上の穴を開ける時は、あまりに下の穴の位置が
ずれて、上もずれると少々悲しいことになりますので
ある程度は中心を出してください

小さい穴が開きました

左の写真では上ももう開けていますが
上の穴は下をきちんと穴開けして、ボルトで軽く止めて
それから印を付けて穴開けしてもかまいません

中心を出すのが苦手だという人やドリルの穴開けが
なれていない人は 特に先に下の穴だけ開けて
先に下だけボルト止めしてやる方法にしてください

【重要】
上の段のステーの穴は楕円になっていますので
楕円の真ん中付近に穴を開けて下さい
8ミリの穴が開いたところです

結構固いので、根気よく開けて下さい
一気に力任せにやろうとすると、特に細いドリル歯は
ポキッと折れてしまいます
上の段にも8ミリの穴が開いたらこんな感じです

【重要】
上の段のステーの穴は楕円になっていますので
楕円の真ん中付近に穴を開けて下さい
6、ステーを仮止めする


★ 重要事項 ★

シートバックサスペンション付きシートの方は 必ず こちら を読んで(印刷して)

取付を行い、その後以下の手順をお進みになって下さい


下の穴だけを開けている場合は下の穴に
8ミリボルトの長さ30mmの方を使って軽く止めます

ボルトには ワッシャーが2個
スプリングワッシャーが2個 付いています

表と裏にそれぞれ使ってナットで締めます
キットに付いているボルトナットは13ミリの頭になってます

上の穴をこれから開ける人は、ステーの左端と黒の骨組み
の左端が一直線上になるようにしてからサインペンで印を
書いて前記の手順で穴を開けて下さい

【重要】
このときに まれにですがステーに溶接してあるナットと
銀の骨格を止めているボルトの溶接部分が接触して
しまう場合があります
この場合は骨格に溶接してあるボルトを鉄ヤスリで
削ってステーのナットと骨格のボルトの溶接部分が
当たらないようにして下さい
このステーは若干ですがアームレストの角度が調整
できるように作ってあります

上段の穴の楕円の真ん中に穴を開けると写真のように
下の穴を中心に角度を調整することが出来ます

写真は右いっぱいにした時の図です
こちらの写真は左いっぱいにした時の図です

ステーをとりあえず固定したあとスポンジも切る前に
アームレストをステーに仮付けして下さい。
※アームレストのネジ類の挿入順序は少し下を見て下さい

【ここ重要】
座りにくいですが、運転席に座って実際運転する時の
背もたれの位置(リクライニングの位置)で アームレスト
の角度がお好みの角度になるように調整して下さい

アームレストの長さが わりと長いのでここの角度を少し
変えてもアームレストの先はかなり上下に動きますので
調整は慎重に行ってください

調整が終わったら ガッチリと8ミリボルトを締めて下さい

※このときマスキングテープはそのままで良いです
 マスキングテープが多少滑り止めの役割をしてくれます
7、スポンジをカットする
ステーが止まったら、スポンジを元に戻しながら
ステーが写真のように、スポンジからきちんと露出
するよう、カッターで切り落とします

【ワンポイント】
大きく切りすぎるとスポンジがユルユルになるので
少し小さめに切って、ステーをスポンジからのぞかせる
ような感じで露出させて下さい
8、シート表皮を元に戻す
スポンジを元に戻したらシート表皮を元に戻していきます

まず戻していて最初に邪魔になるのはステーの棒です

生地をピンッと張るように下に引っ張りながら左右交互に
ステーの棒のあたりまで下げてきます

そして生地を棒の上にかぶせて、他にたるみがないか見て
大丈夫なら、棒を通すための穴を生地に開けます
すでに開けてある物を使っての説明で申し訳ないですが

丸い穴を開ける必要は ありません

カッターなどでちょっとだけ ×印 の切れ込みを
入れるだけで良いです

小さめの切れ込みが出来たら グイグイと力を入れて
棒を出していきます

急激に力を入れてやろうとすると生地がビリッと破れ
ますので、慎重に力強く通して下さい

写真の様な感じに通ればOKです
棒の穴が通ったら そのままドンドン下まで生地を
下げていき、ランバーサポートの棒もきちんと通して
生地は ほぼ元通りにしておきます

そして アームレスト本体を止めるボルトの穴を
生地に開けますが、これも丸い穴を開ける必要は
ありません

きちんとシートがピンと張っているかを確認したあと

写真のような感じで、カッターを使い×印に切り込みを
入れればそれでOK
写真は一回アームレストをとり付けた後なので
取付の所の穴が綺麗に丸く空いていますが
最初はこれも×印に切れ込みを入れただけです

アームレストのネジをねじ込む時にちょっと力を入れて
ボルトを押し込むような感じで布と一緒にねじ込めば
最終的には こんな感じでちょうど良い穴になります
9、アームレストをステーに取り付け
まずアームレストを取り付けるボルト類の挿入順序です

一番右端がステーです
左側が助手席側(外側)です

アームレスト取付ボルトに
 鉄ワッシャー
 プラスチックワッシャー
上記2つを通します

そして、アームレストに差し込みます
アームレストの反対側にボルトの先が出てきますので
そこに
 金属スペーサー
 プラスチックブッシュ
上記2つを差し込みます

【ワンポイント】
アームレストは丸い穴が開いている方が外側
かまぼこ状に開いているのが内側です
ボルト本体に 金属ワッシャーとプラスチックワッシャー
を通しました
外側から このボルトを差し込みます
反対側からボルトがのぞきました
これにまず金属スペーサーを通します
次にプラスチックブッシュを写真のような方向で
差し込みます
これでアームレスト側の準備は完了です
アームレストは写真のように ステーの飛び出した棒が
アームレスト本体の1段低いところに入るようにセットして
ボルトを締め込んで下さい

シート表皮の布地をあまり大量に切っていないので
少し生地が食い込みなかなかネジが噛まないと思います

真っ直ぐに力強く(でも慎重に)ボルトを締めてください

【ワンポイント】
締め込む途中できちんと 0度と90度でストッパーが
効いているか確かめて下さい
ステーの棒がきちんとアームレスト本体の一段低い所に
入っているなら きちんとそのように止まります
締め終わったらアームレスト外カバーを取り付けてください

【ワンポイント】
このカバーの裏をみると こっちが上 という矢印記号が
書いてありますので そちらをアームレスト本体を使用
する状態(水平)にした状態で 上を上に向けてはめて下さい
10、ランバーサポートのレバー取付
以前は垂直方向になっていたレバーですが
アームレストが邪魔ですので 写真のように
90度前か後ろに向けた状態で取り付けます

そうそう頻繁に使うレバーではありませんが
どちらかと言えば写真のように前向きに90度
傾けて倒す方が使い勝手がよいです

このレバーは、最初はピンを取り付けずに
どの角度がよいか差し込んで検討して下さい
角度が決まったら ピンを取り付けて押し込めば
ロックがかかって取付完了です

このピンのことについては  こちら に書いています
 
11、シート生地の表と裏をつなぎ合わせる
【始めにワンポイント】
アームレストは実際に運転した時に もう少し角度を
調整したいな と言うことが出てくる事もあるので
シート表皮を完全に止める前に、一度ドライブして
みることをお勧めします


まず 下までおろしたシート生地を今一度ピンと
生地が張るように引っ張ってシートの表皮にシワが
できないようにして下さい

写真の指でさしている シート表皮の一番下には
針金の骨が入っていますので グニャグニャに
曲げないように気を付けて下さい

生地がピンと張れたら 表側の生地の一番下を
シート下から裏に回します
背もたれを前に倒して(アームレストは垂直に立てて
収納しておきましょう)

裏から生地を引っ張ります

そして 最初の針金で止めても良いのですが
結束バンドで止めても問題ないので今回は
結束バンドで止めます

元々空いていた穴を再利用して結束バンドを刺します
穴が小さい時や通りにくい時はカッターで切れ目を入れて
刺して下さい

【ワンポイント】
表と裏の生地の端には針金が入っています
この針金を束ねるような感じでバンドを通します
1本通したところです

この状態から締め込むのは やめて下さい

1本だけ通して締めてしまうと 他が通しにくくなります
5ヶ所全部通した写真です

全部通せれたら締め込んでいき 余分なバンドを
カットします
締め込んでカットした写真です
目隠しの布をかぶせると まるで見えなくなります
祝!完成〜〜〜
倒した状態
収納した状態

可動の具合はどうですか?

ある程度シート地とこすれるようでないと
収納時にブレーキをしたらポンと倒れてきますので
布どおしがこすれるような感じになっているのは
不良ではありませんのでご注意ください

これにて説明は終了です 取付お疲れさまでした

楽しいドライブを楽しんで下さい

Copyright (c) クオリティーネットショップ キャンピングGO!GO!. all rights reserved.

無断転載、転用を禁止します。リンクの際はご一報下さい
inserted by FC2 system